【ホームジムvsジム通い】どっちがいい?経験者がメリットとデメリットを比較レビュー!

※アフィリエイト広告を利用しています。

筋トレ初心者の方、忙しい日々で運動不足が気になり始めている方、「フィットネスジムに通うか」「自宅で筋トレをやるか」どっちが良いのか? 悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

ジム混雑してないかな? 毎月の出費を考えるとやはり自宅か。でもスペースが……などなど。

この記事では、ジム通いと宅トレを経験している私が、メリットやデメリットを比較レビューしますで、さっそく結論がこれ⬇︎

  • フィットネス(ジム通い)
    • トレーナーや他のメンバーと一緒にトレーニングすることで、モチベーションを高めることができます。そして飽きない。
  • ホームジム(宅トレ)
    • 圧倒的にコスパが良く安い。めんどうな移動もないので、準備している間にやる気がなくなるみたいなことも防げる

また、「3つだけで完成!最安値ホームジム器具」「初心者からでも挑戦しやすいフィットネス」も紹介します。

ゆーまっちょ

ぜひ!自分の状況や生活スタイル、どっちが自分に向いているか参考にしてください。

では、はじめにホームジム(宅トレ)とフィットネス(ジム通い)のメリットとデメリットを詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク
この記事でわかる事

ホームジム(宅トレ)メリット

ホームジム(宅トレ)メリット
  • 圧倒的なコスパ!買ってしまえば無料
  • 好きな時間に筋トレができる
  • めんどうな準備が不要だから続く

ホームジム(宅トレ)のメリットから紹介します。

圧倒的なコスパ!買ってしまえば無料

\自宅で筋トレしている私/

ホームジム(宅トレ)は、ジムに通うよりもコストを抑えることができます。フィットネス(ジム通い)は、どうしても入会費や月会費がかかってしまします。

ボディービルのような、本格的な肉体を目指すわけではないなら、自宅に最低限の筋トレ器具を揃えるだけで十分です

  • ホームジム(自宅トレーニング)に必要な器具は、最低限のダンベルとベンチです。
  • ダンベルとベンチは一度購入すれば、追加の費用がかかりません。
  • 通常のジムにかかる料金よりも、ホームジム(自宅トレーニング)の方がコスパが良い。

可変式ダンベルアジャスタブルベンチは一度購入すれば、その後は、お金がかかりません。初めに投資をする必要はありますが、長期的には経済的です。

好きな時間に筋トレができる

(左上懸垂バー)自宅ジムならこれだけで十分でした。

ホームジム(宅トレ)は、好きな時間に筋トレができます。仕事や学校が忙しくて時間が取れない時でも、自宅でのトレーニングなら時短できるので運動が続かない方にもおすすめです

  • 自宅トレーニングは、好きな時間に行える。忙しい社会人や学生にも適しています。
  • サクッと1時間ほどのトレーニングで終わらせることができます。

めんどうな準備が不要だから続く

\上裸でもサクッと筋トレができる/

ホームジム(宅トレ)なら、他人の目を気にする必要もありません。フィットネスだとそうはいきません

他の人も利用しているので、着替えてシューズを持ち準備をし、スポーツジムやフィットネスのルールに沿った持ち物も必要になります。

その点ホームジム(宅トレ)なら、自分の身なりも気にせずマイルールで筋トレができます。

  • 自宅トレーニングなら、他人の目を気にせずに行えます。
  • 自分のペースでトレーニングを行うことができます。

とくに筋トレ・運動初心者なら、見られることが心配だったり、集中できなかったりすることもありますよね……。

スクロールできます

24kg可変式ダンベルはコレ↓

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す

私が使っている懸垂バー↓

ショートタイプ(主にドア用)↓

オーディオブックをアレクサで流しながら熱いコーヒーを飲み自宅で筋トレしていますよ♪そして、私自身ホームジム器具は、本当に悩みに悩み尽くしました

ゆーまっちょ

安心して自分のペースでできる。準備がいらない分サクッと筋トレができるから続く!

ホームジム(宅トレ)デメリット

ホームジム(宅トレ)デメリット
  • モチベーションの維持が難しい
  • 筋トレや運動の方法がわからない
  • 自宅スペースを確保する必要がある

ここまで、ホームジム(宅トレ)のメリットを紹介してきましたが……。もちろんデメリットも存在します。

では、ホームジム(宅トレ)で考えられるデメリットを紹介していきます。

ゆーまっちょ(肩の日)

メリットと感じる人もいれば、デメリットと感じる人もいる。表裏一体です。

モチベーションの維持が難しい

ホームジム(宅トレ)を行う最大のメリットの一つは、準備要らずでサクッと筋トレができる点でした。しかし、人によっては、逆にそれがデメリットになる場合もあります

自分以外だれも見ていないので、「今日はサボってもいいかな」と思う心理状況になりやすいのです。よって意志が弱く、サボり癖のある人にとっては、逆に会費を支払って行く理由をつけてしまった方が続く可能性があります。

ゆーまっちょ(きつい)

ジムだと行かないと会費がもったいない。自宅だと行かなくても減るものがない。

筋トレや運動の方法がわからない

そもそも、自宅でトレーニングをする時、筋トレや運動経験がない初心者にとって正しい方法がわからないって場合があります。

正しいフォームで行わないと、ケガのリスクや効果的な負荷が筋肉にかかりづらくなり、結果として「筋肉がつかない」「痩せられない」という状況になる可能性があります

ゆーまっちょ(足の日)

完全な初心者にとっては家でのトレーニングは、難しいかもしれません。

自宅スペースを確保する必要がある

ホームジム(宅トレ)を行うためには、最低限のダンベルやベンチなどの器具が必要。そうなると、それらを保管するスペースを確保する必要がありますよね……

自宅のスペースが狭いとトレーニング中に家具や壁にぶつかる恐れもあります。

私は、押し入れが広かったので押し入れの中で筋トレしていますが(レアすぎ)。自宅に最低限のスペースがない方にはおすすめできません

以上がホームジム(宅トレ)のデメリットです。自宅でトレーニングする際には、モチベーションやスペース問題を考慮し自分にあった選択をしましょう!

ゆーまっちょ

「可変式ダンベル」「インクラインベンチ」「床マット」この3点でホームジム完成!全部で4万円くらい。

フィットネス(ジム通い)メリット

フィットネス(ジム通い)メリット
  • 飽きない設備や筋トレマシン
  • 効率的なトレーニングとサポート
  • モチベーションの向上
  • 楽しみながら運動できる

フィットネス(ジム通い)には多くのメリットがあります。以下にジムトレーニングの主なメリットを紹介します。

飽きない設備や筋トレマシン

フィットネス(ジム通い)では、自宅では手に入れにくい多種多様なトレーニングマシンやバーベル、ダンベルなどが用意されています。

ウェイトマシン、フリーウェイト、カーディオ機器、ストレッチエリアなど、トレーニングのバリエーションが豊富で、飽きることなく筋肉を効果的に鍛えることができます。

ゆーまっちょ

飽きなくて楽しい!ダイエットやボディメイク、自身の目標に向けた効率的なトレーニングできる。

効率的なトレーニングとサポート

画像元:RIZAP(ライザップ)公式サイト

フィットネスには、パーソナルトレーナーが在籍しており、トレーニングの指導やアドバイスを受けることができます。

トレーナーの指導により、正しいフォームや適切な重量、回数を提案してもらえるため、効果的な筋トレができるのも嬉しいポイント!

初心者向けのサポートが充実しているジムもあるので、筋トレに詳しくない初心者でも安心してトレーニングを行うことができます

モチベーションの向上

フィットネス(パーソナルジム)に通うことで、他の利用者から刺激を受け、モチベーションを高く保つことができます

トレーニング仲間やトレーナーとの競争心や仲間意識が、トレーニングの質を向上させる要因となります。

ゆーまっちょ(胸の日)

不思議とジムの雰囲気ってモチベーションって上がるんですよね。

楽しみながら運動できる

\フィットネスならこんなことができる/

フィットネス(ジム通い)なら筋トレや走る運動だけでなく「エアロビ」や「ヨガピラティス」などを楽しむことができます。

スポーツジムによっては、さまざまなフィットネスクラスが開催されており、自分にあったトレーニング方法を試すことができます。

ゆーまっちょ

サウナや温泉などの設備があるジムだと、トレーニング後も最高です。

以上がジムトレーニングの主なメリットです。ジムには豊富な設備があり、専門的な指導も受けられるため、効率的なトレーニングが可能です。

また、他の利用者との交流や多様なフィットネス活動も楽しめます。ジムトレーニングは、本格的に筋トレに取り組みたい方に特におすすめです。

フィットネス(ジム通い)デメリット

フィットネス(ジム通い)デメリット
  • 会費と初期費用がかかる
  • 仕事終わりの夕方に混雑する
  • 移動がめんどう営業時間も気になる

ここまで、フィットネス(ジム通い)のメリットを紹介しました。しかしデメリットも存在します。

ゆーまっちょ(きつい)

以下では、ジムトレーニングのデメリットについて紹介します。

会費と初期費用がかかる

ジムに通うためには会費や初期費用がかかります。会費は月額制であり、ジムによって金額は異なるため、一般的には月に、8000円以上の費用がかかります。※入会時には初期費用も必要となることが多い。

仕事終わりの夕方に混雑する

私は、フィットネス勤務の経験があります。仕事終わりの夕方6時頃から多くなり始め7〜8時台はピークでした

マシンや器具の使用待ちの状況や混雑時は、30分しか使えないなど、このような状況も経験上、時々あります。

ゆーまっちょ(きつい)

混雑すると、自分のペースで筋トレを行うことが難しくなることもあります。

移動がめんどう営業時間も気になる

住んでいる地域によっては、ジムが近くにない場合があります。また、営業時間も自分のスケジュールに合わせづらいことがありますよね……

特に夜遅くしか通えない場合や、24時間営業のジムが近くにない場合は、ジムトレーニングが難しい状況になるかもしれません。(涙)

以上がジムトレーニングのデメリットです。フィットネスを検討している方は、これらのデメリットも考慮し選びましょう。

ホームジムvsジム通い|よくある質問

自宅でのトレーニングとジムでのトレーニング、どちらが効果的ですか?

効果的なトレーニング方法は個人によって異なります。目標や生活スタイルに合わせて選択することが大切です。

ジムではトレーナーや他のメンバーと一緒にトレーニングすることでモチベーションが高まりますが、自宅トレーニングは自分の都合やプライバシーを重視する方に適しています。

自宅でトレーニングをする際、器具は何を用意すればいいですか?

自宅トレーニングには最低限のダンベルとベンチが必要です。これらの器具を一度購入すれば、追加の費用はかかりません。

自宅でのトレーニングに取り組む際、モチベーションを維持する方法はありますか?

自宅でのトレーニングは一人で行うため、モチベーション維持が難しい場合もあります。

サボりがちな人は特に注意が必要。モチベーションを高めるためには、定期的なスケジュール設定やトレーニング仲間との交流など工夫が必要です。

自宅でのトレーニングとジムでのトレーニングの料金差はどのくらいありますか?

ジムは、入会費や月会費がかかりますが、自宅トレーニングは最低限の器具を購入するだけで済みます。

ジムによって料金は異なりますが、月額制のスポーツ(フィットネス)ジムなら、8000円程度。パーソナルジムなら、期間で数十万といったところが相場です。

詳しくは、パーソナルジムの口コミ比較サイト【GYME】などを使うと利用者の口コミ、評判を見たり料金も一気に比較することもできます。

ホームジムvsジム通いどっちがいい?メリットとデメリット比較!まとめ

スクロールできます
  • ホームジムのメリット
    • 圧倒的なコスパ!
    • 好きな時間に筋トレができる
    • めんどうな準備不要
  • ホームジムのデメリット
    • モチベーション維持が難しい
    • 筋トレの方法がわからない
    • 自宅のスペースを圧迫する
  • フィットネスのメリット
    • 飽きない設備や筋トレマシン
    • トレーニングサポート
    • モチベーションの向上
    • 楽しみながら運動できる
  • フィットネスのデメリット
    • 会費と初期費用がかかる
    • 仕事終わりの夕方に混雑する
    • 移動や営業時間の制限

ホームジムとフィットネスのメリットとデメリットをまとめました。両方とも経験している私ですが、どっちが正解はありません。

※自宅トレーニングなら、めんどうな移動もなく周りを気にせずすぐに筋トレが始められますが、「モチベーションの維持」や「まったくの初心者」には難しい側面もあります

※スポーツジムなら、設備や指導が充実していますが、会費や他の利用者との混雑があります

ぜひ!この記事を参考にそれぞれのメリットとデメリットを比較し自分の目標やライフスタイルに合った選択をしてくださいね♪

これだけで完成!最安値ホームジム器具

(左上懸垂バー)自宅ジムならこれだけで十分でした。
スクロールできます

24kg可変式ダンベルはコレ↓

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す

私が使っている懸垂バー↓

ショートタイプ(主にドア用)↓

上記ホームジム(宅トレ)のメリットで紹介しまたが、私自身、悩みに悩み尽くした筋トレ器具です。

下記で、全て詳しくレビューしています。良かったら参考にしてくださいね。本音でコスパ最高です。

最安値のジムと高いけど最高のジム

「どうしても1人ではできない」そんな方は、はじめだけパーソナルジムに通うのもおすすめです。

お金はかかってしまいますが「正しい食事や運動」を知ることで、効果を最大限に出すことができるようになります。

最安値でコスパ最強のハコジム

会費もパーソナルもハコジムが1番安い。

500円(ワンコイン)で試せるパーソナルからチャレンジしてみるのもおすすめ。パーソナルも会費も1番安くてコスパ最強は、ハコジムでした

また、ハコジムは予約制の完全個室ジムなので、フィットネスのデメリットでも紹介したような混雑もなく快適に筋トレができます。

「絶対に人が多い混雑はいや」「集中してトレーニングをしたい」って方は、月会費もかなり安いので、ぜひ!チェックしてみてくださいね。

\ワンコイン(500円)体験受付中/

※キャンペーンは予告なく終了することがあります。

ハコジムのレビューはこちら→【本音レビュー】ハコジムでパーソナル体験してみた。デメリットや評判・口コミも公開!

全てが一級品!芸能人やモデルも通うRIZAP(ライザップ)

お金を出せるならRIZAP(ライザップ)一択です。芸能人やモデルも通う実績やサポート、施設面も一級品です。

実際にRIZAP(ライザップ)卒業生に口コミ・評判アンケートをとってみたとろ好評でした

RIZAP 公式サイトを見る
  • 青色(とても満足している)
  • オレンジ(満足している)
  • グレー(不満である)
  • 黄色(とても不満である)

\相談申し込みは、かんたん30秒で完了/

ライザップの口コミ・評判アンケートはこちら→RIZAP(ライザップ)値段いくら?高い金額で失敗。リバウンドした悪い口コミをレビュー!

ゆーまっちょ(語る背中)

教えてもらった知識は一生モノ。初めの学びが人生の分岐点!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事でわかる事