\ ポイント最大11倍! /

【実機レビュー】DNSコラボ限定!リーディングエッジのベンチ使ってみた。

※アフィリエイト広告を利用しています。

2023年12月中旬〜「Amazonで1,590件中→評価4.5」「楽天で355件中→評価4.5」大人気のリーディングエッジ インクラインベンチ

そんな、人気のホームジム用のインクラインベンチからDNSコラボ限定カラーが発売されました

機能面やコスパも申し分ない!欲しい!「けど限定カラーを見たい」そんな方も多いはず。

この記事では、リーディングエッジDNSコラボ限定カラーを実際に購入し実機レビューします。

\レビューするアジャスタブルベンチはコレ/

ゆーまっちょ(胸の日)

口コミや評判も紹介!ぜひ、参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク
この記事でわかる事

限定カラーのインクラインベンチ外装

では、DNSコラボ限定カラー!リーディングエッジ インクラインベンチの外装から見ていきましょう!

横からみるとこんな感じ……。

DNSのマークがカッコいい。

背もたれの頭部分にもDNSのロゴが!

DNSコラボ限定カラーのリーディングエッジのインクラインベンチと言うこともあって、細部にもこだわって作られているように感じました

\レビューするアジャスタブルベンチはコレ/

ゆーまっちょ

限定品やコラボ品の方が不具合が少なそうだな……。と思い限定にしました。

大手通販サイトの口コミ・評判

Amazonでリーディングエッジの口コミ・評判を見る
リーディングエッジの口コミ・評判
  • Amazonで1,590件中→評価4.5
  • 楽天で355件中→評価4.5
  • 楽天の週間ランキング1位多数受賞

リーディングエッジ インクラインベンチの口コミ・評判をAmazonや楽天で調べてみました。やはり、インクラインベンチで検索すると、上位に出てくるだけあって好評価が多い印象でした。

\口コミのアジャスタブルベンチ/

ゆーまっちょ(足の日)

ここからは、実際に開封して使用感をレビューしていくよ!

DNS限定インクラインベンチを開封

はい、四次元ポケットから出ました!DNSコラボ限定カラー!リーディングエッジ インクラインベンチ(ドラえもん)

リーディングエッジの同梱品

リーディングエッジの同梱品
  • インクラインベンチ本体
  • 支えるパーツ1つ
  • ネジ、工具
  • 取り扱い説明書

なんと!DNSコラボ限定カラーのリーディングエッジインクラインベンチの同梱品はこれだけ!!

取り扱い説明書(表)
取り扱い説明書(裏)
ゆーまっちょ

面倒な組み立ては、ほとんどなかった!本当にラクですよ♪

気をつける事

ベンチと説明書、ネジだけ。かなりシンプル!

唯一分解されて届くパーツ。ここが、床につく部分です。間違えないようにしよう♪

これがワッシャー。ゆーまっちょは、ワッシャーをつけ忘れていて完成した後に、もう一度分解するはめになりました……。

「ワッシャーを甘く見てはダメ絶対↓」

※もっとも注意喚起したい。

ワッシャー忘れるとこうなる。(2度目)

\レビューしているアジャスタブルベンチ/

ベンチ背面角度をレビュー

インクラインベンチ背面の角度
  • デクライン(頭が下がる)
  • 0度(フラット)
  • 30度
  • 45度
  • 60度
  • 70度(マックス)

リーディングエッジインクラインベンチの背面の角度調整をまとめました。ぜひ!参考にしてくださいね♪

デクライン

いわゆる頭が下がる状態です。大胸筋下部を鍛えたい!!そんな脳筋の願望を叶えてくれる角度です

0度(フラット)

全くブレることもなく、スポーツジムにおいてある業務用ベンチと大差ないと感じました。

30度

大胸筋上部狙いに必須の角度。

45度

よくインクラインダンベルカールで使う角度。

60度

ダンベルカール、ダンベルプレス、もしくは後ろからワンハンドローイングでも使う角度ですよね。

70度(マックス)

最後は、体感ほぼ直角の70度、おもにダンベルプレスで使っています。

\現在レビュー中のインクラインベンチ/

ゆーまっちょ

プレス系をやるときに、オンザニーしても全然余裕でした。

ベンチ座面角度をレビュー

ベンチ座面の角度高さ調整
  • フラット
  • 中間
  • マックス

次は、リーディングエッジインクラインベンチの座面の角度調整です。3段階の調節が可能です。

フラット

1番使うフラット。

中間

そんなに使わないかも?中間。

マックス

最後はしっかり目のマックス角度。これもめっちゃ頑丈でした。

写真では、細く見えるかもしれませんが、グラつくこともなく、体重70キロのゆーまっちょでも余裕でした。

\現在レビュー中のインクラインベンチ/

ゆーまっちょ(胸の日)

ホームジム1つ目の器具は、角度調整ができるベンチが絶対おすすめです。

耐久性の検証レビュー

ゆーまっちょ身長180センチ、体重70キロ。揺れのチェック!異常なし。

インクラインダンベルも余裕。

オンザニーからのダンベルプレスも余裕。使用している可変式ダンベルについては、今後紹介します。

エニタイムに3年程通っていましたが、リーディングエッジ インクラインベンチでいいやん!ってなり解約しました。

\レビューしてる写真のインクラインベンチ/

組み立てなし!デメリットなし!最高に使いやすいホームジム用ベンチ

今回、購入したリーディングエッジDNSコラボ限定インクラインベンチ。結論→最高のホームジム用インクラインベンチで大満足したので、この記事で紹介しました。

で、1番考えたことは、デメリット部分。正直、特にデメリットないんですよね……。

粗探ししてデメリットを言うのもですが、強いて言うなら、なかなか「Amazonのセール時期でも価格が下がらない」ってところ。

私自身セール時期にチェックしてましたが、なかなか値段が下がることがなく、14,900円で購入しました。

メリットは、使い勝手と特に!!組み立てが数分で終わるってとこ。パーツの足つけるだけ。

みなさん経験ありませんか? 家具を購入して家に届いた瞬間、組み立てたくない……。(自分で注文したのに)それがない!!

ぜひ!余計なことに体力を使わず、この機会に、限定インクラインベンチで、筋トレに集中し理想のボディーを手に入れてください♪

\記事でレビューしたインクラインベンチ/

ゆーまっちょ

面倒な組み立ては、ほとんどない!本当にラク。余計なことで疲れずに筋トレに集中できる♪


最小限スペース・コスパ最高のホームジム作成ならコレで完成↓

そもそもホームジムか?フィットネスに通うか?悩んでいる方は、こちらの記事で紹介⬇︎

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事でわかる事