【補強!壁付け】突っ張り棒タイプの懸垂バーをレビュー!賃貸も傷つけない設置法

※アフィリエイト広告を利用しています。

今回、購入した筋トレ器具は、楽天フィットネス部門ランキング1位「STEADY(ステディ)のチンニング懸垂マシン」

ホームジムは「ジム代の節約」「時短」のメリットがある反面「筋トレ器具の置き場所」「掃除が大変」といったデメリットがありますよね……。

ステディなら、突っ張り棒タイプなので、組み立てもかんたん!圧迫感もなくミニマリストにもおすすめできる懸垂バーです

この記事では、STEADY(ステディ)懸垂マシンの取り付けから使用感をレビューします

\自宅で筋トレ!レビューする懸垂バー/

スポンサーリンク
この記事でわかる事

STEADY(ステディ)懸垂バーの特徴

ステディ懸垂マシンの特徴
  • 突っ張り棒だから圧迫感がない!
  • 即設置可能!かんたん取り付け
  • 安定感が抜群に良い
  • 耐荷重量200kg
  • 30日間返品対応

まず、STEADY(ステディ)懸垂マシンの特徴やメリットを紹介します。

突っ張り棒だから圧迫感がない!

ゆーまっちょ本人

結論から申し上げますと、突っ張り棒タイプは、取り付けの簡単さ、邪魔にならないコンパクトさ、最高の筋トレ器具でした。よくある懸垂マシン、ぶら下がり健康器って部屋の圧迫感とスペースの確保が大変だと思いませんか?

近所のスポーツ店とかで見るより部屋に持ってくるとなかなかのデカさ……。そして掃除も大変です。

ゆーまっちょ(語る背中)

シンプルに懸垂がしたい、ミニマルな生活の邪魔にならないそんな懸垂バーです。

即設置可能!かんたん取り付け

STEADY(ステディ)懸垂マシンは、突っ張り棒タイプなので届いた瞬間から、女性でもかんたんに取り付けることができます。

安定感が抜群に良い

意外かもしれませんが、地面に置くタイプの懸垂マシン、健康ぶら下がり器よりまったくグラつくことがありません。詳しくは、下記のレビューで紹介しますね

耐荷重量200kg

STEADY(ステディ)のチンニング懸垂バーは、耐荷重量200kgです。体重70キロの私でも余裕で大丈夫でした

30日間返品対応

STEADY(ステディ)のチンニング懸垂バーは、30日間返品対応可能です。※ただし、お客様都合の場合配送料は負担。

\自宅で筋トレ!レビューする懸垂バー/

ステディ懸垂バーは2種類ある

今回、購入しレビューするのは「STEADY(ステディ)懸垂マシンのロングタイプ」です。ロングタイプは、幅92センチ〜124センチなのでワイドで懸垂をすることができます

「ドアにしか取り付けないよ」って方だと短いタイプの方が少し安いのでおすすめ。ただし、突っ張り棒の幅が狭いぶんワイドで、懸垂ができないのがデメリット。

スクロールできます

レビューするロングタイプ↓

ショートタイプ(主にドア用)↓

ゆーまっちょ(語る背中)

自宅で筋トレするスペースを確認し間違えないようにしよう!

STEADY(ステディ)懸垂バーをレビュー!

ここからは、STEADY(ステディ)懸垂マシンのロングタイプをレビューしていきます。

ステディ懸垂バーの外装

STEADY(ステディ)懸垂バーの外装は、こんな感じ!とにかくコンパクト!

ステディ懸垂バー取り付け

懸垂バーの右と左がこんな感じで回るので、回して幅を調整します。

回しすぎて外れた↓(泣)

ステディ懸垂バーより頑丈に!

ゆーまっちょ目が腫れています。

懸垂バーをそのまま、壁に取り付けてもいいのですが……。傷つきそうだし、面積を広くとった方がより頑丈なのでは?と考えました。

気になったのでAmazonの写真つき口コミ評価を見ると木材を挟めてる人がチラホラ。よし!マネしよう!ってことで木材を挟めました。

硬い木材と滑り止めシート

どこでもいいのですが、私は、コーナンで木材を購入。100均(ダイソー)で滑り止めシートを購入しました。

こんな感じで固定して、取り付けましたよ↓

部屋の柱がある部分に取り付ける

注意点というか、気づいたことなのですが、ドア以外に取り付けることを想定してるSTEADY(ステディ)懸垂バーロングタイプなら、部屋の柱部分に取り付けた方が良いかと思います。

\自宅で筋トレ!レビューした懸垂バー/

ゆーまっちょ

「壁をトントンして空洞になってない部分」がベスト。ぜひ!参考にしてくださいね♪

ステディ懸垂バーで筋トレしてみた

無事取り付けも終わり、さっそく筋トレしてみました♪よかったらインスタの方もよろしくお願いします。

ナローグリップで懸垂

上腕二頭筋、前腕筋、広背筋、僧帽筋、大円筋を鍛えることができる、ナローグリップの懸垂も余裕。

ワイドグリップで懸垂

懸垂と言えば、広背筋、大円筋狙いのワイドグリップの懸垂!ゆーまっちょは、この種目をやりたくて懸垂バーロングタイプを購入しました。

チーティングも余裕だった

思いっきり筋トレできないと意味ないよね!ってことでバンバン勢いつけてラストはチーティングで懸垂をやってみました

地面に置くタイプの懸垂マシンだと相当グラつくレベルで筋トレしてみましたが、本当に余裕。突っ張り棒の方が、安定してます。

ゆーまっちょ(語る背中)

スポーツ店の懸垂マシンでチーティングしてみるとより実感しますよ。

医者

それは……。周りに配慮して迷惑にならないようにしてね。

見て見て余裕↓

新しいおもちゃで遊ぶ脳筋

\自宅で筋トレ!レビューした懸垂バー/

圧迫感・グラつきなし!STEADY懸垂バーはミニマリストにもおすすめ!

今回レビューしたSTEADY(ステディ)チンニング懸垂バー「部屋を広くしたい方」「掃除が楽な筋トレ器具が欲しい方」「ミニマリスト思考の方」におすすめできる筋トレ器具でした。

私自身、地面に置くタイプの懸垂マシンを購入しなくて、本当に良かったと大満足できる懸垂バーでした。

  • 抜群の安定感
  • かんたんに設置できる
  • 部屋を狭くしない
  • 掃除いらずでシンプル

気になった方は、ぜひ!速攻で設置して懸垂を始めましょう!あなたの部屋にもどこかに設置できるはず!

ゆーまっちょ

シンプルに懸垂がしたい、ミニマルな生活の邪魔にならないそんな懸垂バーです。

スクロールできます

レビューするロングタイプ↓

ショートタイプ(主にドア用)↓

ゆーまっちょ(語る背中)

ロングタイプとショートタイプ(ドア用)は間違えないように注意。自宅の筋トレスペースを確認しよう!


最小限スペース・コスパ最高のホームジム作成ならコレで完成↓

そもそもホームジムか?フィットネスに通うか?悩んでいる方は、こちらの記事で紹介⬇︎

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事でわかる事