筋トレ「朝・昼・夜」いつやる?時間帯の効果と注意点

筋トレを習慣にする為に、1日の中で、

どの時間帯に筋トレを行うか迷っている方もいるのではないでしょうか?

朝なのか?昼なのか?

もしくは夜にしよう!

このように選ぶのは自由です。

でも実は、筋トレを行なう時間帯により効果が違ったり注意しなければならない事があります。

なぜなら、

人間の身体を正常に動かす為の仕組みであるホルモンは、1日の中で同じように動いているわけではないからです。

簡単に説明すると

人間は興奮状態になり活発になる時間帯や、休息する為にリラックス状態になる時間帯があり、1日の中で変化しています

と言うことは

活発な時間帯は、より力が発揮されやすく

リラックス状態の時間帯は、思ったように力が発揮されない

このようになると言う事です。

この記事では

トレーニングの時間帯ごとの効果や注意点、特徴を解説していきます。

ぜひ、最後まで読んで、時間ごとの特徴を把握して頂ければと思います。

ゆーまっちょ

現実的にトレーニングができる自分に合った時間を選びましょう!

スポンサーリンク
この記事でわかる事

変化するサーカディアンリズムを利用する

「サーカディアンリズム」という言葉をご存知でしょうか?

これは、自律神経によって起きる体内の1日の中の変化の事です。

人間には活動しやすいように興奮状態に傾ける交感神経

休息させる為に沈静化させる副交感神経という働きがあります。

ゆーまっちょ

この2つのどちらかが体内のリズムによって変化しているというわけです。

眠たい時に力が出ないと言う事は、簡単に想像できますよね…

眠たい時は、沈静化の副交感神経が優位になっているのでトレーニングする時間帯に向いていないと言う事です。

効果的にトレーニングするなら…

日中の興奮状態に傾ける交感神経が優位な時間帯にやる方が力が発揮できるのでおすすめです。

体温も高く怪我もしにくい時間帯なので、強度の高いトレーニングも挑戦しやすいというメリットもあります。

ただし、睡眠時間帯や体質、生活習慣などによって、人それぞれリズムは異なります。

ここからは、基本的な時間ごとの特徴を把握した上で、ご自身に合った時間帯を選んでみましょう!

朝トレは脂肪を効果的に減らす

朝に筋トレをすると、その後1日の活動中に体脂を効果的に減らす事ができます。

筋トレを行なうと「成長ホルモン」「アドレナリン」の分泌されるからです。

「成長ホルモン」と「アドレナリン」の分泌によって脂肪が分解されやすい状態になるので、その後1日の活動中に体脂肪を効果的に減らす事ができると言うわけです。

ただし、消費カロリーを1日単位でみれば、さほど大きな違いは感じにくいかもしれません

それでも、朝に継続的に筋トレを行い

長期視点でみるとその差はどんどん広がり、徐々にカラダの変化を実感できるはずです。

ゆーまっちょ

また、朝はスケジュールの調整もしやすく筋トレを習慣化しやすいですよ!

昼トレは効果が高く安全にトレーニングしやすい

14時〜18時の時間帯は、ケガをしにくい時間帯で、筋トレ効果も高める事ができます。

ケガをしにくい理由は、

昼に摂った糖質エネルギーがまだ体内に残っている事と、1日の活動で交感神経が活発になり体温も上がり筋肉も柔らかくなっているからです。

なので、ハードなトレーニングをするのに向いている時間帯と言えます。

交感神経が活発だと、力も発揮しやすく強度の高いトレーニングがしやすいので、

筋力アップや筋肥大を狙ってトレーニングをしたい方は、「14時〜18時の時間帯」を狙ってトレーニングしてみては、いかがでしょうか?

昼に筋トレするメリットは大きく理想とも言えます。

しかし、昼の時間帯に筋トレに時間を割くのが難しい場合が多いと思います。

土日や祝祭日に取り組むように計画する事が必要になってきます。

夜トレは就寝2時間前に終わらせる

夜の時間帯のメリットは、時間が取りやすい事と集中しやすい事です。

ゆーまっちょ

日中は、仕事や家事、育児などで忙しく動いている為、現実的に夜しかできない人も多いのではないでしょうか?

そのような方には、ジムが空いてる夜の時間帯に行くのも良い方法です。

空いていると、筋トレに集中もできますし、使いたい器具を待つ必要もありません。

これは、遅い時間だからこその大きなメリットとだと言えます。

しかし、夜に長時間の筋トレやHIITのような激しい運動は、睡眠に影響してくる為、注意が必要です。

あまりにもトレーニングをやりすぎると、交感神経が活発になり、睡眠が浅くなる事も懸念されます。


眠りが浅い日が続くと、疲労が蓄積し、トレーニングの質に影響が出てしまいます。

対策としては「就寝時間の2時間前」にはトレーニングを終わらせましょう。

要するに、2時間は交感神経を落ち着かせるリラックスタイムをもうけると言う事です。

ストレッチをしたり、ゆっくりお風呂に入るなど、

副交感神経が優位になるように工夫ししっかりと休息しましょう。

夜トレの対策方法を詳しく知りたい方は→【睡眠の質を高める方法】使ってみて効果があった人気の快眠グッズこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

筋トレ「朝・昼・夜」いつやる?時間帯の効果と注意点のまとめ

まとめ
  • 活発になる交感神経
  • 休息モードになる副交感神経
  • 朝トレは、脂肪燃焼に効果的
  • 昼トレは、ケガしにくく強度の高いトレーニングに挑戦しやすい
  • 夜トレは、やりすぎると交感神経が活発になり睡眠に影響が出るので注意
  • 夜トレは、就寝2時間前に終わらせる
  • 副交感神経が優位になるようにストレッチをしたり工夫する

ここまで読んで頂きありがとうございました。

最後に、この記事は、

順番で読む事で筋トレ初心者でも、わかりやすく読めるように作成しています。

ゆーまっちょ

番号をふっておりますので、見て頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事でわかる事
閉じる